スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最近のお熱②

実家に帰省してのんびしてたら間が経ってしまった(;´▽`A``
気を取り直して前回の続きでも。

三国恋戦記のつなぎとして手を出したStarry☆Sky。
ネット注文のため、商品が届くまでの間、黒歴史ともいわれるアニメを見てみました。

うん…アニメとしてはどうかと思うよw
キャラ13人についてのエピソードを各2話ずつなので、話につながりがない。
そして1話が15分くらいなので、各キャラのエピソード自体もはしょられている。
そんなわけで、ゲームをプレイ済みの方には今一つとなるのかもしれませんね。

ただ、プレイした後に思うのは、季節を超えてキャラ同士がからんでいるのを見られていいなと。
ゲームでは、季節が違うキャラは文章のみでしか登場しませんが、アニメでは映像で見れる!
梓・翼コンビや、ぬいぬい・おーしろー・誉先輩トリオなどなど…視覚で見れるって大事よ!!

そして、当時プレイ前だった自分にはキャラのことを大雑把に把握できたのでよかったです。
もちろん、ネタバレがっつり含んでますが。
特にぬいぬいとか…

結局は、プレイ前でもプレイ後でもそれなりに楽しめるよってことです(*´∀`*)ホム

そんなわけでアニメを見た結果、梓と四季が気になりました。
梓に気をとられつつも、作品を楽しむために我慢して←
しっかり春からプレイしましたよ!(`・ω・´)

私の場合、既読スキップを使うため、ちゃんとプレイするのは初回のみ。
なので、最萌→興味なし→普通 の順番でプレイします。

正直、春はそこまで気になるキャラがいなかったのですがw
よくブログを拝見させていただいている方が、錫也押しだったので、期待して
錫也→哉太→羊の順にプレイしました。

初回プレイが終わった後に思ったことは、
あれ、短くない?(・∀・;)
あっさり終わっちゃったな~と思いましたが、シリーズ第1弾なのでこんなもんかなと。

内容は詳しいことを忘れてしまったのですが(´ε`;)

以下はネタばれ含むなので気を付けてくださいな~


覚えていることは…

想像以上に錫也がオカンだったことや、羊君がおにぎり魔人
だったことくらいかな←

というのは半分冗談で、錫也の付き合いだしたとたん独占欲丸出しの感じがかわいらしかった(*´∀`*)

羊君は最初からドストレートなのですが、ゲーム自体のボリューム不足のせいか、いまいちハマりきれませんでした。
でも、月子を守るために実はケンカが強いとこはキュンとしました♪(*´∀`*)ムフー

哉太は…うん。ごめん。
どんな理由であれケンカっ子は元々好きでないの。ごめんね(謝り過ぎ)
やさしい子なのは理解してるよ。

今更ながら書いてて思いましたが、もっと色々思うところがあったはずなのに、忘れちゃってる(つД`)
具体的な内容がすっぽりと…

すごく残念ですが、要は、春は後春に期待しようってことです! Σ(´Д` )無理やりまとめた

でもって春を楽しんだ後は、待ち焦がれた夏組!!

もともと弓道をずっとやりたかったのに叶わなかった自分としては、
羨ましいなこの野郎!と思いつつ夏組の設定に惹かれていました。
アニメでも3人とも好印象。ワクワクがとまらないぜッ!

そんなわけで梓→誉→宮地の順にプレイ。

アニメ見たときから気になってた大本命の梓。
実際プレイしてみると…
何このぱっつんwめちゃめちゃ良い(ノ∀`*)
とてもはきはき喋るのでその時点で好印象なのですが、
不思議と嫌味に感じない自信満々な発言の数々。
実力が伴っていることと、後輩らしい人懐っこさがあるから許せるなのかな。
先輩、先輩。攻撃にはやられました。

天才と言われている彼だけど、毎日のロードワークやきちんと課題を済ますところなどちゃんと努力をしている。
ただ、それを当たり前だと思っているから、他人だけでなく本人すらも努力せず何でもできてしまうと思っているんでしょうね。

私は、「天才=何もしなくてもできる」は違うと思っていて、ちゃんと努力はしてる。
ただ、人より少しばかり容量がいいから少ない努力で結果が返ってくる。
しかし、一つのことを極めたと言えるようになるには、たとえ容量がいい人でもかなりの努力が必要だと思います。

だから、梓もいろんなことが長続きしなかったと言っていましたが、興味を持っていた時は思いっきり努力してたんじゃないかなと。
そして、たとえ短くても執着していたとも。

努力を努力と思っていない人なので、言葉を変えると、
興味のある事柄に対して自分の気が済むまで探究し続けた。
その結果、完璧にできるようになり、さらには誰よりも上達してしまい興味を失う。
それが、彼の歩んできた道なのかなと思いました。

現に、極めたと思って興味を失った弓道でしたが、初めて超えたいと思った壁(月子のきれいな射形)や、宮地というライバルができ、再び興味を持ちましたよね。
そして、執着に関しても、自分に足りない何かをもっと手に入れたいと悩んでいる時点で十分に執着していると月子が言っていましたが、何をするにしても、上達するにはどうしたらいいかなと悩まない人なんていないと思うんですよ。
だから、さっきも書きましたが、今までも執着していたとは思うんです。
短い期間だったから気付かなかっただけで。
ただ、今回は長く興味を持った弓道だからこそ、執着していることに気付いたんじゃないかなと思いました。

そんなわけで、ちゃんと努力している天才肌の梓は大好物です←

そして、私が彼を大好きになった大きな理由として、ある発言があります。
GoodEndで引退・卒業が近づいた月子に言った言葉。

「大丈夫です。待ってろとは言いません。
 走っちゃってください。
 先輩のためなら、すぐに追いつきますから。」


この発言。本当に自分に自信がなきゃ言えないことですよね。
こんなことを言われたら、自分だけ大学に進むということに後ろ髪引かれることもなく
思いっきり未来に向けて進めていいなぁと思いました。
今まで有限実行してきた梓だからこそ、本当に追いついてくるという安心感もある。
想像の範囲を超えるこの発言に私は完全にやられましたよ。

それでもってすごく梓らしい発言。大好きです。

他にも、
プレッシャーに負けそうな誉先輩に対して、

「勝つことばかり考えて、肩に力が入って、それでまた空回りして…
 そんな風に、”自分の弓道”が出来ない方が僕は情けないと思います!
 そんな状態でいたんじゃ… 試合に出る意味なんてないんじゃないですか?」


と真剣にアツい発言をするところなどなど…

自信満々の天才肌だけど、ちゃんと人を見ていて、尊敬もできる。
そんな梓に惚れました(*ノωノ)

と、同時に月子にも惚れましたw
高校生とは思えないような発言。
プレイしている自分がハッとさせられる発言に単純にすごいなと。
そら、みんな惚れるよ。

夏は全体的に青春!!という感じなので、すごく良かったです。
今がちょうど夏ってこともあるのかな。
学生時代に戻って青春したくなりました。真面目に。

まぁそんなこんなで梓が旦那になったわけです。

そして、プレイ後に聞けるフリートーク。
梓役の福山さんは、梓と同じ射手座。

御本人も人に良く言われるほどの自信家らしくw
自信の定義についてお話ししています。

「よく自信がないという人は、ただ勇気が持てないだけ。
 やったことない事柄に対しては自信家の人も不安。
 ただ、その手前までは積み重ねてきた土台があるから
 その上にたつものなら大丈夫なんです。」


これを聞いて、ハッとしました。
確かに、自分がやってきたことを不安に思うのは勇気が持てないからで、
まったくやったことないことを不安に思うのは土台がないから当たり前なんだと思いました。

でもって、やっぱり天才肌の梓でも土台=努力があるからの自信満々発言なんだなと思い、ニヤニヤしちゃいました。

射手座同士だからこそのこのトーク。
イメージにもあっていたし、福山さんが梓を演じてくれて本当によかったなと思いました。

キャラとしても大好きな梓ですが、中の人のおかげで印象に残るキャラにもなりました。
骨抜きだぜっ!

もうお分かりだとは思いますが、この時点でスタスカ自体にハマり、
秋・冬とプレイしていくうちにどんどん好きになっていきました。

他キャラの感想もとい、想いも吐き出したいwので後日書かせていただきますが、
最近のお熱の経緯については一旦おしまい。

めちゃめちゃ長いのにお付き合いありがとうございました。
そして、最後になりましたが、最近のお熱①に拍手いただきありがとうございました♪


web拍手 by FC2

2012/08/18(土) | Starry☆Sky雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://younoyaneura.blog.fc2.com/tb.php/3-60db17ac
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。